How It All Started

JACOB & CO.は1986年、ジェイコブ・アラボによってニューヨークに設立されました。彼のジュエリーに対する情熱は、彼が幼少期を過ごしたロシアの地ですでに開花していました。アメリカへ家族と共に移民した後、当時16歳だったジェイコブは自らの素質を磨くために、ジュエリーデザイン学校に入学。たちまち天賦の才を発揮した彼は一躍クラスのトップに踊り出ました。その卓越した才能に驚いた教師に学校に残るよりも、早く仕事を始めるよう勧められたジェイコブはニューヨークのダイヤモンド商がひしめく一角に小さな店を開きました。複数の有名ブランドや裕福なプライベート顧客を相手にデザインを始め、1986年、“JACOB & CO.”というブランド名を冠したジュエリーブランドの創設に至りました。 その後、型破りのデザインが話題となり、“カスタムジュエリーを作るならJACOB & CO.”とニューヨークで定評を得たジェイコブ・アラボは世界的な著名人たちから“ジェイコブ・ザ・ジュエラー”と呼ばれ名声を博しました。種々のユニークなダイヤモンドクリエーションの経験を積んだジェイコブは、新分野・ウォッチビジネスへの挑戦を決意。彼の多くの顧客のライフスタイルである〈ジェット・セッター(世界を自家用飛行機で飛び回るジェット族)〉にインスパイアを受け、ダイヤル中央のローカルタイム表示に加えてインダイヤルで(NY, LA, PARIS, TOKYO)の4都市、合わせて5都市の時刻表示をする“ファイブタイムゾーンウォッチ コレクション”を発案し、2003年のバーゼルワールドで発表し、現在もジェイコブの旗艦コレクションとして高い人気を誇ります。時計はすべてスイス製の高品質、使用するダイヤモンドもジュエラーのジェイコブならではのハイグレードなもののみです。
Fine Watchmaking
ダイヤモンドや貴石を独創的なデザインで飾るラグジュアリーウォッチブランドとしてその名を確立させたジェイコブは、2006年、世界初の7つの香箱を持つ31日間パワーリザーブのトゥールビヨンモデル、「クインティン」を発表し、機械式時計における革新的な開発力と確かな技術力を披露しました。以後、4つのインダイヤルそれぞれにトゥールビヨンを搭載した「クアドラ」、トゥールビヨンキャリッジ部分をジェイコブのロゴ型にした「ナポレオン」などの複雑機構時計を発表。特に2008年に発表されたマスキュリンな「エピック」コレクションは、ジェイコブの新たな魅力をみせる機械式クロノグラフモデルとして、人気の高いモデルの1つとなっています。ダイヤモンドを贅沢に配したジュエリーウォッチを作る一方で、既成概念に囚われない自由な発想が生む複雑機構の機械式時計の開発にも意欲的に取り組んでいます。