アノーニモロゴ

アノーニモの歴史

1997年、アノーニモはイタリア・フィレンツェの地で設立されました。

アノーニモの歴史はイタリアブランドのパネライと密接な関係にあります。1972年に、ジュゼッペ・パネライがなくなった際、ビジネスの管理をイタリアの海軍幹部であり、エンジニアとしても有名だったディノ・ゼイに譲り渡しました。そして25年程が経過し、リシュモングループが企業を買収しています。時計の開発に愛着を持っていたディノ・ゼイを含む数名の時計師とデザイナーチームは彼ら自身のブランドをつくることを決意し、そしてアノーニモが誕生したのです。

アノーニモの印象的なウォッチデザインは、20世紀初期よりイタリアの潜水艦乗組員のために秀でた精度と堅牢な耐久性を兼備したダイビングウォッチを供給してきた地元フィレンツェの職人の影響を受けています。2001年、アノーニモはアイコニックなミリターレコレクションを発表すると、世界中の熱狂的なコレクターの注目の的となりました。現在では、6時位置または12時位置に設置されたクラウンガードがアノーニモのアイコンとなっています。

2013年、アノーニモは再び熱狂的な愛好家である一人の独立投資家に買収されました。その後、会社はアノーニモSAと名付けられ、本社をスイス・ジュネーブへと移しています。

現在、アノーニモのアイデンティティはイタリアの匠なデザインと伝統あるスイスの時計製造技術の両方を兼ね備えています。スイスメイドのアノーニモウォッチは、イタリアの意匠を凝らした、スポーティで男性的な雰囲気を醸し出す新しいスタイルのタイムピースです。

イタリア発祥、スイスメイド “パイオニアのための時計”

ブランド名である“アノーニモ”はイタリア語で「無名の」、つまり「製品は常にブランドより先行していなければならない」という意味が込められています。

アノーニモはイタリア・フィレンツェで1997 年の創業以来、時計愛好家の間で高い評価を得ていました。2013年に個人投資家によって買収されましたが、イタリアの海軍の戦闘ダイバーに向けた時計製造技術の長年の伝統は継承されています。

生産の拠点をスイスに移したアノーニモは、現在スイスで新しいコレクションの開発を行っています。コレクションは総合的に再構築され、厳格なスイスメイドの基準を満たしています。

アノーニモのタイムピースは定評のあるスイスメイドの自動巻きムーブメントを搭載し、そのケースは耐久性に優れたDLC加工のステンレススティールやマリーンブロンズを使用しています。それらの素材は時計製造でアノーニモが初めて採用しました。

ブロンズに至っては、アノーニモは1939 年以来ウォッチケースを作り続けているフィレンツェの職人ならではの技術を味わうことができます。

アノーニモムービー